農業共済のしくみ

農業共済とは
 農家が災害を受けたとき、その損害を補償し、農業経営の安定に資するのが農業共済です。
 国の災害対策の柱として「農業災害補償法」にもとづき行われており、農家の相互扶助を基本としてつくられています。
 農業共済は、損害補償のほかに損害を未然に防ぐため、各種損害防止事業も行い、地域農業を支えている農家の制度です。

農業共済のしくみTOPへ