人材を確保し経営安定へ

浜田市旭町 服部 剛士さん

高校卒業後、自衛隊で4年間勤務する中で農業に興味が芽生え、地元のライスセンターで野菜栽培の経験を3年間積みました。さらに市内の先輩農家の下で研修を2年間受けた後、2017年前に新規就農しました。

20年には、規模の拡大と作業効率を考慮し、株式会社「福広ファーム」を立ち上げました。現在は従業員2人を加えた3人で経営しています。

「シャインマスカット」と「ピオーネ」は、21年から本格的に収穫できるようになるので今から楽しみです。

水稲については耕作放棄地の解消に役立てるよう規模を拡大していきたいですね。

しかし、農地を請け負って規模拡大するには人手が足りません。21年はブドウが成木になるので、ますます労働力が必要になります。研修生を受け入れるなどして、仲間が増えたらうれしいですね。

新型コロナウィルス感染症の流行で世の中は大変な状況ですが、幸いにも大きな影響を受けずに済みました。

しかし、この先どう影響を及ぼすのか分からないので、経営安定のためにも、収入保険には今後も加入したいと思います。

▽水稲12㌶・ぶどう28㌃