収益確保へ収入保険が後押し

安来市 農事組合法人おおつか営農組合

2015年に設立したおおつか営農組合は、水稲を主軸に地元雇用や経済に貢献することを目標に、農業で儲ける道を模索しながら運営してきました。収入保険は価格の低下はもちろん、すべての品目を補償するので、様々な作物を栽培する私たちに合った仕組みです。地域で大規模な圃場整備がなされ作付面積も増えましたが、圃場整備の影響なのか以前と比べて単収が減り、今は目標値にたどり着けていない状況です。

土壌改良をしながら単収を増やすことに努めていますが、大規模農家ほど単収や価格の低下が経営に大きく影響します。設備の充実や高収益品目への切り替えなど、収益確保への対策が急務です。収入保険はその後押しとなり、新たなことにも安心して取り組めます。いずれは新たな作目も取り入れて周年での作業形態を確立し、専従職員も雇用できるようにしたいですね。

「今後はハウス栽培も取り入れていきたい」と意欲的な杉原建組合長(右)と古曳博営農部長(左)