縁側喫茶「右衛門田」

ー島根県浜田市 旭町ー

 広島県との県境に接する浜田市旭町都川の縁側喫茶「右衛門田(うえもんた)」では、自宅の縁側を開放してカフェをオープン。抹茶体験や自家製の米粉ケーキなど、農家ならではのおもてなしを目当てに県内外から客が訪れる。

「元々、都市部との交流が目的で、都川地区を広く知ってもらいたいとの思いからでした」と話すのは、店主の白川英隆さん(73)、則子さん(69)夫妻。近くには日本の棚田百選に選ばれた「都川の棚田」があり、縁側からはのどかな風景が広がる。

「リピーターも多く、やりがいがあります」と白川さん夫妻

「リピーターも多く、やりがいがあります」と白川さん夫妻

 店内は、昔ながらの調度品が置かれ、抹茶体験では好きな器を選ぶことができる。則子さん手作りの米粉ケーキは、地元産のイチジクやモモを使い、季節ごとの味を楽しめる。

 今年からは新メニューのジビエカレーも登場。地元で捕れた鹿肉を使用し、こちらも則子さんが腕を振るった逸品だ。

 白川さん夫妻は「縁側に座り抹茶で一息つきながら、昔懐かしさを味わってほしい」と笑顔で話す。

開放期間・11月までの毎週第1、3日曜日午前9時から午後4時 料金・大人500円、子供無料 連絡先(0855)47-0423

米粉ケーキなどは、JA農産物直売所きんさい市場黒川店で販売する

米粉ケーキなどは、JA農産物直売所きんさい市場黒川店で販売する